ごはんを食べる順番を変えるだけで痩せられるって知っていますか?

食べ順ダイエットでなぜ痩せられる?まずこのような順番で食事をします。

①水分を摂取する。
②サラダなどの野菜を食べます。
③汁物
④肉、魚を食べる(タンパク質の摂取)
⑤米や麺を食べる(炭水化物の摂取)

■食物繊維から食べることの効果
食物繊維から食べ始めることであとから食べる脂質や糖質を体が吸収するのをゆっくりにしてくれる効果があり、血糖値の急激な上昇を防いでくれます。
■水分や’味噌汁などの汁物で満腹感を感じる
野菜などで食物繊維たっぷり食べたあとは汁物を食べます。汁物も具材から先に食べた後に汁を飲みます。汁物を食べることで食物繊維が水分を吸収し、満腹感が増していきます。このあとに食べるタンパク質や炭水化物の食べ過ぎを防止する効果があります。食事の最初に汁物を食べ終わってしまうとその後の食事が食べにくいという方はお茶やお水を飲みながら食べると良いかもしれません。
■消化吸収の遅いタンパク質
食べる肉や魚などのタンパク質は実は消化吸収が遅い食材のためお腹に溜まりやすく、満腹感がまた得られます。脂質の低いものから先に食べることで脂質の多いタンパク質の食べ過ぎを防止してくれます。
■最後は炭水化物
肥満の主な原因は炭水化物やスイーツなどの糖質のほうが脂肪になりやすいからでしょうか、それとも脂たっぷりのお肉など高カロリーな食品の食べ過ぎだからでしょうか。答えは前者です。炭水化物を最後に摂取するのはそれまでである程度満腹感を感じた状態で美味しくて食べやすい炭水化物の食べ過ぎを防止する効果があります。人間は体が欲している以上に食べてしまいがちなのです。順番ダイエットを成功させるためには最後の炭水化物を極力減らしていくことがポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です